[n❁h]神さまって本当にいるのかな。神さまに教えてもらった確実に幸せになる方法。

SPONSORED LINK


どうも。ノリハナ(@infnity_87_)です。

少し前に出版された、さとうみつろうさんの『神さまとのおしゃべり』を読んでみました。

出版当初、友達のマッキー(@jpasmo)が紹介してくれて、読んでみたかったんだけどなかなかタイミングがなくて、続編の『悪魔とのおしゃべり』の出版を機にふたたび目に触れたのでこの機会に買ってみました。

内容としてちょっとスピリチュアル系なので、好み(というか理解や共感ができるか)はわかれますが、個人的には★5本でした。

では早速。ブックマンダラートでご紹介します。

『神さまとのおしゃべり』/さとうみつろう

ブックマンダラート 神さまとのおしゃべり

この中から3つほど。

この世は相対性。何かと比べることではじめて今がわかる。

「比べない」。は自己啓発ではよく聞くので、真面目なぼくは比べることに少し罪悪感を持ってしまいます。

だけど神さまは「比べることではじめてわかる」と教えてくれます。

「幸せ」というのは「不幸を知っている」からわかるのです。

生まれてから毎日がずっと幸せであれば、それが当たり前すぎて「幸せ」だと気づけません。

それはそれでとても幸せなことですが、普通の人は生きていく上できっと「辛さやしんどさ」も味わうでしょう。

だからこそ、そこが改善されると「幸せ」を感じることができるのです。

確かにその通り。マイナスがゼロやプラスになることで幸せを感じられます。

な〜んだ!比べていいんだ。

「幸せ」の感覚は普段から感じている。それは全然お金じゃなくていい。

感覚の問題ですけど、普段の生活の中で「幸せ〜」って感じることはありませんか。

「幸せ」=「お金」「成功」。ってすぐに考えてしまいがち。

「お金」はもちろん「幸せ」にとって重要なファクターです。「お金」がもたらすモノや体験で「幸せ」になれることはかなり多い。

でも「お金」以外でもそれを感じることはできるんです。

先日、奈良の田舎町に出かけたのですが、壮大な田園風景の中、ポカポカ陽気のお日様に包まれ、おにぎりを頬張りながらテクテクと5kmほど歩いてるととんでもない多幸感に包まれたんですね。

「あ〜!幸せ……。」

夜になって家で冷静になったとき、「あれっ!あの感覚って、普段からちょこちょこと感じてるぞ。」と気づいたんです。

これってそんなに「お金」がかかりませんよね。つまり、簡単にすぐに体験できますよね。

この感覚にアンテナを張って日々過ごし、少しずつその機会を増やしていけば、案外簡単に幸せになれるかも!

ぜ〜んぶ「まっ、いっか!」

日々、何気なく暮らしてますけど、ネガティブな感情は当たり前に湧いてきます。

そこで出番になるのが魔法の言葉「まっ、いっか!」

神さま曰く、言葉は最後のフレーズで決まるのです。

「あなたってかわいいけど、性格悪いね。」

「あなたって性格悪いけど、かわいいね。」

SPONSORED LINK

どっちの印象の方がいいですか?やっぱり手前より後のフレーズの方が残りますよね。

だから、もしネガティブな言葉を吐いてしまってもその後すぐに「まっ、いっかー!」の言葉を添えて、帳消しにしてしまいましょう。

秘技『ミソカモウデ』!

神さまに教えてもらったことでこれからやってみようと思うことに『ミソカモウデ』があります。

これは確実に幸せになれる方法だそうです。

効能と手順を紹介しますね。

【効能】あなたが確実に幸せになる

【日時】毎月30日(ミソカの日)※2月は28日

【場所】あなたの家の近くの鳥居がある神社やお宮

【方法】

  • 鳥居に入る前にペコリすること
  • 手を洗い清めること
  • お賽銭箱に三百円(またはそれ以上)のお賽銭を入れること
  • お賽銭を入れたあと、ペコリすること
  • 大きく深い深呼吸三回をし、心を鎮めること
  • 合掌すること
  • 自分の「名前」「住所」「干支」を言うこと
  • お宮の鏡が見えるなら、それに映る自分を見ること
  • 鏡がない場合は目を瞑ること
  • 今月起こった「いいこと」をできる限りたくさん思い出すこと
  • それら1つずつに「ありがとうございました!○○(いいこと)が起きてとても幸せでした」と言うこと
  • ここで神からのビジョン(ありがたいなー!という感覚)が湧いてくる
  • この「感謝の感覚」に意識を集中し、感覚を全身に広げること
  • 最後に「ヤワタヤワタ」と声に出してつぶやくこと
  • 全てが終わったらペコリすること
  • この感覚に包まれたまま、神社からお家まで帰ること

神さまは幸せになれる方法を知っても、続けることが難しいと言っています。

金額的にいっても、毎月三百円なら一年で三千六百円、十年で三万六千円。一生やっても二十万もいきません。

神さま、ぼくは続けるよ!

まとめ

元々スピ系の本もドぎつくなければ、受け入れられるほうですが、初めて知った時に読んでもピンとこなかった本かもしれません。

ちょうどいいタイミングでぼくの元にきた。

ぼくは「幸せになりたい!」と強く願っているわけではなく「今でも結構幸せ」。

でももう少し、より幸せに。家族や友達がそうでないならそうなってほしいと望んでいます。

そんな未来を手にするヒントがありました。

あなたも今すぐ読まなくてもいい。読んでみたいタイミングでぜひ読んでみてください。

それでは今日はこの辺で。

さぁ!みんなも。好きにやろうぜ!

最後までお読みいただきありがとうございます!お役に立ったエントリーはシェアいただければ嬉しいです!

定期購読にTwitter&Feedlyのご登録も併せてどうぞ!
follow us in feedly

Posted from SLPRO X for iPhone.

SPONSORED LINK

おもしろかったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です